100シリーズプレミアレビュー:パイロット(シーズン1、エピソード1)

the-100

最初から始めましょう。このショーは何についてですか?さて、CWはその時代劇に私たちを連れ戻しました 治世 今年の秋、そして今では約97年先の 100 。の実世界バージョンを想像してください ウォーリー 、地球がゴミによって破壊される代わりに、それは地球の大部分を殺し、それを生きられないようにした核戦争によって破壊された、またはそう彼らは考えました。生き残った人々は、12の宇宙ステーションの組み合わせである宇宙ステーションに住むためにシャトルで運ばれ、地球が再び居住可能であると研究が主張するまで200年待つことになりました。



ギャングは必死にアワードソングを勝ち取ろうとします

この終末後の計画の唯一の問題は、世代ごとに「箱舟」(生存者を収容する駅の元の名前ではない/人類への唯一の希望)の人口が増加し、不足につながることでした不可欠な生命維持システム。すべての住民を生かし続けるのに十分な生命維持を維持するために、指導者たちはかなり厳しい法律、すなわち死刑を制定することを余儀なくされました。 すべて 犯罪。



この法則の唯一の抜け穴は、浮かぶには18歳以上でなければならないということでした(文字通り、浮かび死ぬためのかわいい用語)。この抜け穴は、地球が戻るのに十分安全であるかもしれないという彼らの理論(読む:最後の希望)をテストするために100人の犯罪者を統治体に与えました。駅の残りの寿命が限られていることを考えると、奇跡を探す以外に選択肢はあまりありませんでした。

あなたはそれを正しく読んでいます-彼らが知っているように人類の生存は基本的に100人のティーンエイジャーに依存しています。それで何がうまくいかない可能性がありますか?



次のページで読み続けてください…