ソニーはスパイダーマンの権利のために100億ドルを望んでいると報じられている、ディズニーは支払わない

スパイダーマン いつかMCUに戻るかもしれませんが、それはすぐには起こらないようです。私たちの情報源によると-私たちに言ったのと同じもの シーハルク とMs.Marvel TVシリーズが進行中でしたが、どちらも昨夜確認されました。両者はまだ合意に近づいていません。伝えられるところによると、ソニーはウェブスリンガーの権利のために100億ドルを望んでいる。そしてディズニー、にもかかわらず すべてのお金 彼らはピーターパーカーから作ったもので、その価格を支払うことに興味がありません。

これは急な金額のように聞こえるかもしれませんが、マウスハウスが年間に生成する量の観点から見ると実際にはそうではありません。これらの人は基本的に、実写機能、アニメーション映画、ピクサー映画、 スターウォーズ 分割払いとマーベルフリック。この種の取引を成し遂げる資金が会社にないわけではありません。彼らはただ望んでいません。



クリックしてズーム

また、ディズニーがこの人気のない放射性降下物のせいになっている可能性があることもますます明らかになっています。ケビン・スミスはそれを認めたくないかもしれませんが、これらの失敗した交渉について出てくるすべての話は、ソニーを良い人のように見せているようです。同社は、両当事者を満足させる和解を継続的に提供することにより、ハウス・オブ・マウスの幹部をなだめるために最善を尽くしています。彼らは、ディズニーが25%を所有できるとさえ示唆しました スパイダーマン すぐに拒否され、ひどい50/50の分割で対抗された、以前の5%とは対照的に、今後のシリーズ。



問題の真実は、憤慨したファンは、その状況で誰が過ちを犯すに値するかを本当に気にしないということです。彼らはピーターパーカーをMCUに戻したいだけです。トッド・マクファーレンは、それが起こるとは考えていません。2つの会社のいずれかが圧力に屈しない限り、彼は正しいかもしれません。うまくいけば、しかし、近い将来に何かが解決される可能性があります。そうでない場合、聴衆はアベンジャーズのチームに慣れる必要があります スパイダーマン