トム・ウェリングはバットマンがヤングスーパーマンにいたことを願います

ヤングスーパーマン アクアマン、サイボーグ、ブースターゴールドなど、まだアローバースに登場していない数のDCヒーローを、10年間にわたってテレビ向けに採用しました。しかし、逃げ出した数少ないものの1つはバットマンでした。そして、それはウェリングがまだうまくいくことを望んでいることです。

スターは今週末のファンエクスポカナダに出席し、パネルの最中に誰かから、長続きするCWスーパーマンの前編で最も見たかったキャラクターを尋ねられました。ウェリングはすぐに ヤングスーパーマン ブルースウェインのバージョン、言って:



私たちが見たかったことは、私たちがやっていたことに合うブルース・ウェインのバージョンでした。かっこよかったと思います。



クリックしてズーム

SV ファンは作家がブルースを紹介しようとしたことを数回知っているかもしれませんが、権利の問題が邪魔をしていました。特に、シーズン3のアダムナイト(イアンサマーホルダー)は、もともと若いウェインとして想定されていました。ジャスティンハートリーのグリーンアローは後にシーズン6でショーに参加し、本質的にバットマンの代理を務め、クラークの最も親しいスーパーフレンドとしての役割を果たしました。ワンダーウーマンとグリーンランタンとともに、バットは最終的に公式に紹介されました ヤングスーパーマンシーズン11 漫画。

ウェリングは、最近のバットマンファンでもあることを明らかにしました。彼は最近、青と赤を黒のマントとカウルに交換して、アローバースでダークナイトをプレイしたいと提案しました。伝説的な声優のケヴィン・コンロイは、来たる「無限の地球の危機」のクロスオーバー作品で実際にこのギグを行っていますが、ウェリングが再び演じるという希望はまだあります SV のクラークケントはイベントに参加しているので、すべてが失われることはありません。たぶん、ウェリングのクラークとコンロイのブルースは、スクリーンタイムを共有し、遅ればせながら彼を達成するでしょう ヤングスーパーマン 夢?成功を祈っている。



ソース: ComicBook.com